スマホの手軽さとノートPCの利用勝手の良さ





☆ビジネスにいまwindowsが選ばれてる理由:

スマホの手軽さとノートPCの利用勝手の良さを兼ね合わせたタブレットPCは、

ノートPCの出荷台数の減少を反比例するように世界的に伸びています。


タブレットPCでの比較となるのが、iOS/AndroidOS/WindowsOSの3種類。

iPhoneに代表されるiOSのタブレット版はiPadです。

利用できるアプリ数はNo1のボリュームを誇りユーザー数もダントツに多いです。

しかし、ビジネスにおける汎用性で見るとWindowsタブレットには勝りません。

ビジネスシーンで多くみられるWindowsPCと連携したOneDriveをはじめとする無料のMicrosoftストレージが利用できるため、

特別な手続きなく社内で作った資料をセキュアな環境で外に持ち出すことが出来ます。

また、officeやキーボードが標準装備されていますので、届いたその日からビジネスに活用いただくことが可能です。



Googleが開発したAndroidOSは、iOSを対抗馬として強化されてきたOSです。

スマートフォンや簡易タブレットに用いられておりアプリ数もiOS版に近づく勢いで伸びてきています。

しかし、汎用性は高いもののユーザー目線の使い勝手ではiOSに勝らず、対WindowsOSでも同様のことが言えます。


WinodowsOSは総じて、ビジネスで大いに活用でき、officeやキーボード、USBポートなどの付属品も充実しており、

何よりキーボード配列がWindows版なため違和感なくご利用いただく事が出来ます。

更に社内で利用している管理ツールをそのまま利用することが出来ますので、特別なカスタマイズがいりません。


もちろん、今回はdocomoインフラを利用した通信モジュール付き。3GB~10GBまで幅広くご用意しております。

Windowsタブレットのライト通信モデルです。

是非持ち運びアクティブにビジネスに利用しましょう。

ステキな情報はこちら
Sponsored Links
Theme: おすすめ | Genre: ブログ