川村明宏の「速読の学校 オンライン講座」体験談から

体験者の、西村さんが、
速読を身につけて、感想を下記のように述べてます。


「速読学んで、すっごく、良かった!!
世の中の人、みんな幸せになってほしいから、
速読を薦めたい。
でも、自分の敵には、あんまり教えたくないな〜(笑)」
だそうです。

そんな西村さんの声をお伝えしますね。

本を、もっと読めるようになりたいなと思っていました。
速読を始める前でも、
1日文庫本1冊読んでたけど、物足りなかった。

「速読いいよ」という情報が入ってきて、
オンライン講座に入ってみました。


思った以上に、自分には、成果があった。

1分間に、読むスピードが、1万字超えましたね。

(参考;日本人の平均は、分速500字です)


速読を身につけて、本を速く読むこと以上に驚いたのは、

電車の中吊り広告。


理解しているのに、読まない自分がいる。
ドンっと見たら、視読で、全部頭に入っちゃう。


で、中吊りを見ないで、「何書いてあったっけ」って、
思い出して、また、中吊りをみて、答え合わせをする。


自分の中で、鳥肌たった感動は、そこですね。

ぱっと、見たら、
読まないで、「ふーん」って理解できている。

「そんなわけないじゃん」って思われるかもしれないけど、


これ、他の人ができないって言うんだった、
これって、超能力じゃん!!って思っちゃったりして。


速読を身につけた今、
例えば、昨日は、ハードブック3冊読みましたね。


今、40歳を超えて、レッスンしましたけど、
もっと早くしてたらよかったな、って思いますね。


学校で試験があるとしたら、
ライバル以外、全員に薦めたい!!(笑)

世の中の人、みんな幸せになってほしい。
自分の敵以外には、全員に薦めたいっ。(笑)


なんで、速読が、学校のプログラムに入ってないのかが、疑問。
これ、もったいねーなーって。


今の時代だからこそ、
お金をかけるのは、「自分に投資」

いい洋服も、いいクルマも、年取ったら、買える。

速読は、早ければ早いほど、いいと思います。


以上が、西村さんの感想です。


西村さんが、ライバル以外みんなに教えたいという
速読のオンライン講座ですが、
初月無料のキャンペーンが
1月27日(水)まで開催されています。

先着300名には、
速読術、記憶術などに関するDVDも
送料を負担するだけで、手に入れることができます。
(残り80名だそうです)


まあ、最初の1ヶ月無料ということなので、
試しでするなら、今ですね。

合わなかったら、お試し期間中に
やめたらいいだけなので、
気軽に始められます。

先着300名限定なので、今すぐチェックしてみてください。
☆川村明宏が開発した「速読の学校 オンライン講座」のキャンペーン

※1/27までの期間限定なのでお急ぎください。

今回紹介した西村さんの体験談動画も↑上記サイトで、見れます。
※1/27までの期間限定なのでお急ぎください。
スポンサードリンク

川村式速読術キャンペーン!

速読2016
速読の第一人者・川村明宏先生の
速読セミナーDVD2枚と、速読オンライン講座1カ月分が無料!

全世界120万人の読書スピードを上げてきた「最新の速読術」とは?

本物の速読


日本人の平均読書スピードが、1分間で500文字なのに対して、
「川村式速読術」を身につけると、1分間で5000文字は
読めるようになります。
1冊20分程度でラクラク読めるのです。

【オンライン講座初月無料+無料DVD2枚】1冊20分で読める速読術とは?

「もっと早く本が読めるようになりたい!」

任天堂DS「右脳を鍛える 速読術」シリーズで有名な
速読の元祖・川村明宏先生が、あなたの想いに応えます。

全世界100万人以上が実感した最先端の「川村式速読術」の
セミナーDVDと、1ヶ月分のトレーニングが無料で使えます。

さらに、

記憶術に関するセミナーDVDも
もらえるスペシャルキャンペーンです!

先着300名限定ということですので、今すぐチェックしてみてください。


☆川村明宏が開発した「速読の学校 オンライン講座」のキャンペーン

※1/27までの期間限定なのでお急ぎください。


スポンサードリンク
ブログ主
ブログ主の「緑花」です。
よろしくお願いします。

こちらでは、プレゼントしたい人に、
贈って喜ばれるものを何か、
と考える時、
こうしたものはどうかな、
と、思いついたものを文を添えて、紹介してみました。

もちろん、
ご自分へのプレゼントもありですよね。
「ピアノを始める講座」とか、ギターとか、水彩画とか、 商品以外にも、いろいろなプレゼントもありますよね。

それで、気づいたものから、また、シーズン・イベントなども多少考慮して挙げて行きます。
最新記事
Sponsored Links
リンク
RSSリンクの表示